カレーライス

以前から一度食べてみたいと思っていた"上等カレー"なるものを、初めて食べました。

これまで何度となくお店の前は通ったことはあったんですが、ちょうど飯時じゃなかったり、カレーって気分じゃなかったりで、なかなか食べる機会がなかったんですが、やっと食べることができました。

 

まあ、私は別に"グルメ"というわけではない。むしろ、何を食べさせても「美味いっ!」と満足してしまう人間なので、ここで食べた感想を書いたところで、たいして意味はないんですが、あえて書かせてもらうと「とても美味しかった!!」です。

って書いても、全然説得力がないですね。なにしろ、何を食べても「美味いっ!」って言う人ですから。だから、"美味い""不味い"ということではなく、なるべく客観的に感想を書きます。

 

まず、味が深いです。甘みというのか"味わい"とでもいうものを感じる訳だが、その後でカレーらしい辛さがくる感じ。付け合わせのキャベツの漬物も美味しかったです。カレーには、福神漬けよりラッキョウより、このキャベツが合うと思います。

やっぱり、大したことは書けませんね。私がどうこう書くより、写真で味を想像してください。多分そのほうが、ちゃんと伝わると思います。

 

しかし、この"カレーライス"という食べ物ほど、外食産業には、ある意味難しい食べ物はないと思いますね。

なにしろ、この"カレーライス"、最大の味のライバルが"家のカレーライス"なのですから。私もそうですが、やはりカレーライスは家で食べるのが一番美味しいです。その、各"家庭の味"が最大のライバルというのは、カレーライス店にとってはとても不幸だと思います。

他の食べ物では、こういうことってないんじゃないでしょうか。仮に、よほど家で料理をする時に良い素材を使おうが、料理をする人の腕がプロ並みだろうが、どうしても本職の人がつくった食べ物にはかなわない。調理器具や火力、はたまた食べる時の雰囲気とかも影響するのだろうが、やはり外で食べるほうが美味しく感じるのではないでしょうか。

 

"カレーライス"屋さんって、本当に大変ですね。"家庭の味"を、そのままお店で出しても「家でも喰えんじゃん」ってなるし、プロっぽくすれば「やっぱり家のカレーが一番だよね」ってなるし...。

 

あ、なんだかカレーが食べたくなってきた。今日の晩飯は、カレーにしてくれるよう、妻に頼んでみよっと。