譲渡益課税

売ろうか

査定後にかかる家売却の費用として、売買契約書の作成に必要な印紙税や
引っ越し費用などさまざまな費用があります。

その中でも、金額が大きくなるのは、所得税や住民税などの税金です。
これらの税金は、売買契約を締結したり、家を引き渡したりするときに支払うのではなく、
翌年の2月16日から3月15日までの確定申告期間に支払いを行います。

そのため、あらかじめ税金の金額を計算しておき、納税するために
資金を用意しておく必要があります。

支払うまでに時間が空きすぎるため、ついうっかりしていると
支払いを忘れてしまうこともあるので注意しましょう。

考える

家売却にかかる所得税などの税金は、譲渡益課税されるのが特徴です。
譲渡益課税とは、売却代金から家の取得金額や必要経費を差し引いて計算したものです。

例えば、800万円で購入した家を、1000万円で売却した場合には、
売却代金である1000万円が課税対象となるのではく、1000万円から800万円を差し引いた
譲渡益200万円に対して税金がかかります。

家をどのくらいの期間所有していたかによって税率が変わるようになっており、
家を長く所有していたほうが税金が少なくなります。

不動産会社で家を売る相談をしたときや査定をしてもらうときに
税金の金額がいくらくらいになるかを試算するのが一般的です。

また、税務署の窓口で「家を売るときの税金について相談したい」と言うと、
申告の仕方や譲渡所得の計算方法などを丁寧に説明してくれます。

手続きが多いため忙しい中忘れがちなこともありますので
注意しておきましょう。