査定

家売却を考えたら、不動産会社にまずは査定をしてもらうことになります。

査定の方法には、机上査定と訪問査定の2種類があります。机上査定のほうは、現地調査を行わず、書類などのデータからわかる情報だけで、おおよその見積もりを出します。

訪問査定

訪問査定では、現地調査を行い、周辺環境から家の内部まで、詳細な部分まで確認をして、できるだけ正確な見積もりを出します。正確な金額を出すという意味では後者のほうが優れていますが、時間と手間がかかるということがデメリットになります。

家売却を検討している段階では、できるだけたくさんの不動産会社に見積もりを出してもらって、比較をすることが重要になります。

例えば、ローン残高が1500万円あるので、家売却でローンが完済できるのかどうかということをとりあえず確認したい時などには、インターネットで手軽にできる一括査定などを利用すると良いでしょう。

どちらの方法にもメリットとデメリットがあるので、ケースバイケースで使い分けることが重要になります。

一括satei

家売却を検討している段階では、まずはできるだけたくさんの不動産会社に机上査定をしてもらって、おおよその家の価値を把握し、不動産会社を3社~4社くらいまで絞ります。
その後、3社~4社くらいの不動産会社に訪問査定をしてもらって、できるだけ正確な見積もりを出してもらって、最終的に依頼をする不動産会社を1つに絞るという方法がおすすめです。

見積もりの金額だけで決めずに、総合的に信頼ができる不動産会社を選ぶということも重要です。