専属専任媒介契約

家売却は、いかに早く、少しでも高額で売却できるのかがポイントであり、そのためのパートナーとなってくれる不動産会社の選定は慎重に行う必要があります。

信頼できる不動産会社を見つけたら、買い手を探す活動を任せる媒介契約を締結するのが一般的ですが、どの種類の契約にするのかでその後の動きが異なってくるので気をつけましょう。

高額

不動産会社の立場で最もやる気が出るのが、他社に一切依頼せず、依頼主が直接買い手を見つけてきても必ず媒介させてくれる専属選任媒介です。

成約による手数料が主な利益となるので、せっかくスタッフが時間を割いて家売却を目指しても、同業他社が先に買い手を見つけてしまうか、あるいは、依頼主が自分で探してきてしまっては、ただ担当していたスタッフの人件費などの出費が出てしまうだけの結果になりかねません。

そのため、自社で独占しにくい媒介契約になるほど、不動産会社はその物件のためには動かなくなっていく傾向にあります。

ぜひこの不動産会社に任せたい場合は、家売却の旨を告げた上で、専属選任媒介を結んで、すぐに全力で動いてもらいましょう。

売却

複数の不動産会社と媒介契約を結ぶのも1つの考えですが、家売却はあまり時間をかけすぎない方が高値で売却しやすいので、確実に家売却をサポートしてくれる専属選任媒介を選ぶ方が多く見られます。

とりあえず目についた不動産会社に適当に任せていたら、売買用の不動産ネットワークに登録されていただけだったとならないように、媒介契約の内容を理解した上で契約しましょう。