撥水風呂敷の特徴や加工のヒント

風呂敷を更に長く、幅広く使う方法

撥水風呂敷を洗濯するときのポイント https://www.leyesvirtuales.com

撥水風呂敷が水を中に通りにくいのは、表面張力の働きを利用して
表面に水分が付着した時に球形になって水を落としやすくなるように
作られていることと、撥水しやすいようにフッ素を付着させた繊維で
織られていることからという理由があります。


このように撥水加工をしている風呂敷であっても、食べ物や化粧品等、
その他の油性の汚れが付いてしまうと撥水加工が低下してしまうことがあります。


油性の汚れを落とすと撥水性は元通りになりますので、汚れたらすぐに
洗濯をしてお手入れをするのがおすすめです。


撥水風呂敷は、50回洗っても撥水性にほぼ影響がありません。
安心して様々な場所に持ち歩きをしても問題ないでしょう。


手洗いでなくても洗濯機を使っても問題ありません。
心配であればおしゃれ着を入れるネットに入れるようにしてください。


洗剤には吸水性があるので、洗っている間は撥水性は一時的になくなります。
しかし、しっかりとすすいで乾かせば撥水するようになるので、心配ありません。


使う洗剤に付いては注意が必要になります。
一般的な洗剤を使うのは構わないのですが、撥水性を弱める力のある
柔軟剤や漂白剤の使用は絶対に避けてください。


汚れがひどい時に漂白剤に浸け置きをする場合がありますが、
撥水機能が著しく低下する恐れがあるので、絶対に使わないようにしましょう。


ドライクリーニングは可能ですので、あまりにも汚れが酷い場合は、クリーニング店に依頼した方がいいでしょう。


また、柔軟剤が多めに入っている洗剤については、吸水力が強く洗濯した後も
繊維に残ることから撥水する力が弱まる恐れがあります。


柔軟剤配合の洗剤や、多めに柔軟成分が配合されて洗い上がりが
柔らかくなる乳幼児向けの洗剤は避けるようにしてください。


柔軟剤や漂白剤を間違って入れてしまった場合は、何度も根気よくすすいで
撥水風呂敷の繊維に残らないようにしましょう。


すすぎすぎてしわが酷くなってしまったら、160度以下の中温に設定して
アイロンを掛けるようにしてください。