撥水風呂敷の特徴や加工のヒント

風呂敷を更に長く、幅広く使う方法

おむつカバーからもヒントを得ている

普段日常生活の中で使用するものを見渡してみると、便利な家電製品を始め
携帯電話やパソコンなど、近年の科学技術の飛躍的な進歩の賜物であるもので溢れています。


それらのお蔭で、日常生活は一昔前とは比較出来ないほど便利になりました。


今やこうした身の回りの便利な家電製品や携帯電話などが無い生活など考えられないほどです。
けれど忘れてはならないのが、古くから日本人が大切にしてきたものの多くが、
現代の生活においても非常に有用なものであるということです。

風呂敷の柄
それらは先人の知恵が詰まった産物ですので使い勝手が良いのはもちろん、
西洋化された現代の生活の中でそれらを使用することは日本の伝統文化を感じることにも繋がります。


そのようなものはいくつもありますが、最近年齢を問わず人気を博し、
改めてその価値をみとめられているものに風呂敷があります。


大抵のものは包むことが出来ますし、包み方を工夫するととてもモダンでおしゃれな包装になります。


贈り物を贈る際に風呂敷を使用する人も増えています。
更に綿や絹の風呂敷だけでは無く、撥水性を持つ撥水風呂敷まで登場し、
風呂敷には更なる注目が集まっています。

包み方
その名の通り水をはじくことはもちろんですが、空気は通すため通気性も良く、
これまでの風呂敷の概念を覆す画期的な風呂敷です。


非常時には四方を結んでバケツ代わりに使用できるほど
その撥水性は優れていますので、何を包んでも安心です。


その他には食事の際のひざ掛けなどに使用するのも良いでしょう。


このような撥水加工の独自技術はおむつカバーを参考にしていますので、
洗濯にも非常に強いのも特徴です。


むしろ洗濯をすることで、織り目が広がっていたりする場合でも
織り目が元通りになりますので、洗濯をするだけで撥水性を保つことが出来ます。


撥水風呂敷にはおしゃれなデザインのものがたくさんありますので、
お気に入りの一枚を見付けてみてはいかがでしょうか。


きっと日本の良さを再確認することも出来るでしょう。